都内の花粉飛散は昨年の6割

東京都は今年の都内での花粉飛散量は2019年春の6割程度となる見込みと発表しました

この時期は花粉症による集中力低下や、抗アレルギー薬の内服による眠気もあり、通勤災害、労働災害のリスクが高まる可能性があります

市販薬の内服では薬剤師とよくご相談の上、お薬をお選びになられることをおすすめします

近年、花粉症の舌下免疫療法に一定の効果があると言われています

11月までに治療を開始する必要があることや2年は治療を継続するこ必要があることから、なかなかこの治療へ一歩進められない人もいると思いますが、今年ではなく来年の花粉症対策の一つとして是非ご検討ください

この記事を書いた人

Medlich Kanazawa