危機的な山小屋をクラウドファンディングで支援しませんか!?

山岳医療に携わる身としては非常に危惧しているのが今年の山事情です。

登山中の感染リスクは大きくはないですが、明らかな混雑をきたすような登山スタイルやグループ登山はややリスクが高まります。

さらに山小屋での3密は避けることが困難となっています。そのため、今年は山小屋の営業期間を短くしたり、予約客数をかなり絞って営業を模索している状況です。一部の山小屋は今年の営業をすでに断念しているところもあります。

山小屋の宿泊料金もいきなり値上げするのも難しい一方、山小屋の維持管理にはかなりの費用がかかっています。

このように山小屋の経営は危機的な状況であり、山小屋経営は非常に厳しい状況です。山小屋は単に宿泊施設としての役割だけでなく、緊急避難所や登山道の整備、遭難者の救助、山岳診療所など登山者の安全も担っています。

そのような状況の中、いくつかクラウドファンディングで山小屋を支援しようという動きが出てきました。

私もわずかではありますが支援させていただきました。

今年は山小屋にとって受難な年です。新型コロナウイルスが今後どのようになるのかは正直誰にもわかりません。夏に終息するかもしれませんし、秋になるかもしれませんし、来年もあるかもしれませんし・・・様々な人がある意味自由に予測していますが、やはり分からないものは分からないというのが正しい答えでしょう。

しかし、分からないからといって待っていては山小屋のみならず日本の登山文化も登山に関係した経済もすべて破綻してしまいます。

今の支援は今後の日本の登山の歴史をつなぐことにもなります。

ご協力いただけると山岳医療の立場からも大変うれしく思います。どうぞ、よろしくお願いします。

この記事を書いた人

Medlich Kanazawa