中国を主に発症が確認されている肺炎への対応

国立感染症研究所から中国湖南省武漢市を中心に報告されている新型コロナウイルス関連肺炎について診断の暫定的な方針がでています。

詳細は「中国湖北省武漢市で報告されている新型コロナウイルス関連肺炎に対する対応と院内感染 対策」(国立感染症研究所 感染症疫学センター)を参照していただければと思いますが、症状は新型コロナウイルス関連肺炎のみに認められるものではなく、一般的な感冒症状ですので、

  • 武漢市への渡航歴
  • 「武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触

が重要になってくると思います。

中国への出張予定および出張から帰国した従業員、現地駐在員へは迅速な情報提供と、症状や接触歴の確認をお勧めします

この記事を書いた人

Medlich Kanazawa